So-net無料ブログ作成
検索選択

水トク! 世界の怖い夜 動画 [バラエティー]

                  

水トク! 世界の怖い夜 動画
 
水トク13.7.24.png

2013年7月24日(水)の水トク!は、

       「世界の怖い夜~真夏に震える絶叫スペシャル」

                            と題して放送されました。



1.スギちゃん・芹那が検証 学校の怪談


    1つ目は「放課後階段の数をかぞえると一段増えている」というウワサを検証。
    2人で無言で階段の数を数えるとスギちゃんは21段、芹那は20段あったと
    言った。
    もう一度2人で声に出して階段を数えると、スギちゃんの数え間違いだった。

    2つ目は「真夜中に放送で懺悔すると霊が応える」というウワサを検証。
    スギちゃんは学生時代に好きな人のブルマを履いたことがあると懺悔。
    しかし異常なし。他の学校のウワサも検証したが異常なし。

    次は「夜に体育館の舞台上で『リリーさん、リリーさん』と言い、指を3回鳴らすと
    リリーさんに襲われる」というウワサを検証。映像を見た池田氏は男性の霊が
    いるという。舞台に上がったスギちゃんは『リリーさん、リリーさん』と言って指を
    3回鳴らした。そのときスギちゃんは突如逃げ出した。

2.史上最強最悪の怪奇住宅 築300年の家で謎の現象が!! 
    
九州地方の某集落にある築300年の古民家で起きる怪奇現象の謎を検証。
    怪奇現象に悩まされているMさんは14年前に出産したとき何者かに左足を
    つかまれ、それ以来金縛りにあったり、原因不明の激痛に悩まされていた。
    Mさんは、4年前まで住んでいた同じ敷地内にある古民家で金縛りにあった。
    古民家の土間は夜になると人の気配を感じるという。
    そこで古民家の土間にカメラを設置。6畳間には微粒子可視化システムを
    設置した。

   午前1時半頃、ここまで特に不可解な現象なし。そのとき、突如大きな音がした。
   さらに微粒子可視化システムに謎の影が映った。そして2時ごろ、別室で番組
   スタッフが監視していたモニターが突如切れた。番組スタッフが土間の定点
   カメラを確認していくと、なぜかカメラの電源が切れていた。スイッチを入れ直し
   たが、充電されているのにカメラはまたすぐ切れてしまった。


    カメラの電源が切れる直前、撮影した映像では中央の窓に顔のようなものが
    映っていた。

   霊能者の摩耶卑弥呼氏と愛京子氏にこの家の霊視を依頼。
   すると、摩耶氏は土間に女性がいるという。さらに摩耶氏は女性に呼ばれて
   いると感じ、6畳間へ。摩耶氏は6畳間にある長持から気配を感じるという。
   長持を開けると、中に遺影が入っていた。遺影はMさんの曽祖母のものだった。
   長持ちに閉じ込められた曽祖母の霊が怪奇現象を引き起こしていたと分析。
   仏壇に遺影を祀り霊視は終了。

スポンサード リンク



3.小学生が本当に怖かった恐怖映像BEST5 第3位 動物 謎の死

    祖父の経営する牧場に遊びに行った女性が撮影した映像を紹介。
    この牧場では次々に動物が不可解な死を遂げていた。
    落ち込む祖父が防犯カメラチェックしていると、突然家が揺れだした。
    祖父が牧場に行くと牛が全部死んでいた。
    そのとき、祖父は謎の白い影に激突した。


4.小学生が本当に怖かった恐怖映像BEST5 第2位 ビデオレター
    1人で大学生活をしている娘が両親に宛てたビデオレターに不審な影が
    映っていた。
 



5.小学生が本当に怖かった恐怖映像BEST5 第1位 もう一人の少女


     母娘が料理を作っているときに起きた怪奇映像を紹介。
     娘が突然「誰かが家に入ってきた」と言って家の中を走った。
     娘は階段を登った。

     母娘が料理を作っているときに起きた怪奇映像を紹介。
     娘が突然「誰かが家に入ってきた」と言って家の中を走った。
     娘は階段を登り「居た!」と階下を見るので1階にいる母親が振り向くと謎の
     少女がいた。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
  
  
  
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。