So-net無料ブログ作成
検索選択

たけしのみんなの家庭の医学 耳石を動かしてめまいを治す! 動画 [健康]

                  
スポンサード リンク




 たけしのみんなの家庭の医学

耳石を動かしてめまいを治す! 動画

耳石を動かしてめまいをかいけつする方法の動画.png 
↑ ↑ ↑
 たけしのみんなの家庭の医学 耳石を動かしてめまいを治す動画
クリックで再生
 
 
 

めまいは、耳石を動かして自分で治せる!

病院に思わずかけこむような「激しいめまい」のうち、
半数以上は自宅で治すことができます。

その見分け方と簡単治療法を説明します。

自宅で治せるめまいの見分け方について


自宅で治せるめまいは、「良性発作性頭位めまい症(BPPV)と呼ばれるもので、激しいめまいの約半数以上がこのタイプに当てはまります。

BPPVは、耳石が三半規管に入り込み、身体のバランスを感知するセンサーを
誤作動させることで起こります。


BPPVかどうかを見分けるには、めまいが起きたとき頭を安静に保ちます。

めまいが1分未満で治まるならBPPVで、1分以上なら病院に行くべきめまいと考えられます。

ただ、一過性の脳虚血の場合でもめまいが1分未満で治まることもあるので、
手足のしびれやろれつが回らないといった症状がある場合は、すぐ病院に行ってください。

スポンサード リンク



激しいめまいの治し方について


頭を動かさない就寝中などに、三半規管内で耳石同士がくっつき塊になることで、
激しいめまい(BPPV)が起こります。


自宅で治す方法には、2つの方法があります。

・寝返り運動(耳石を塊にさせない)

寝転がった状態で
上を向いて10秒→右を向いて10秒→上を向いて10秒→左を向いて10秒

これを毎日朝晩それぞれ10セット続けることで、
耳石が1カ所に集まりにくくなるため、治療や予防に効果があります。 

・枕を高くする(耳石を三半規管に入れない)

枕が高い状態で寝たほうが、耳石が三半規管に入りにくくなります。

通常の枕にタオルを重ねて高くするだけで、めまいを起こす元となる耳石を三半規管に入れにくくすることができます。
 

メニエール病の診断法について

激しいめまいや耳鳴り、難聴などが起こる「メニエール病」。

現在、確実な診断法が確立されたため、早期発見、早期治療が可能になりました。

診断法は、解像度の高いMRIによって行われ、国
内では名古屋大学病院など4カ所で受けることができます。

保険適用のため、費用は1万円前後。
診断には4~5時間ほどかかりますが、気になる人は診断を受けてみることをおすすめします。 


奥薗レシピ

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の原因のひとつにカルシウム不足ありますが、奥薗壽子さんがカルシウムを効率よく吸収させるためにビタミンKとビタミンDを組み合わせたレシピを紹介してくれました。

【きくらげの胡麻酢漬け】

1.きくらげ10gをフライパンに
2.フライパンに水を入れて火にかける
3.沸騰したら火を止め、5分間置く
4.きゅうり1本を小口切りにする
5.きゅうりを塩揉みにする

◇合わせ酢
1.酢大2と水、砂糖大1を合わせる。
2.ちりめんじゃこを投入。
3.きくらげの水気を切る
4.きゅうりときくらげの水気を絞り合わせる。
5.醤油と炒りごまを入れる。

【さばトマたれ】

1.ボウルへサバ水煮缶1を入れる。
2.サバをつぶす。
3.トマトとしょうが1片をすりおろす。
4.みりん大2と醤油大2を入れる。
5.青ネギを入れる。

【水菜のわさびドレッシングサラダ】

1.水菜1束を切り、水気をきってからボウルへ入れる。
2.酢、醤油大1とみりん大1/2を入れ、わさびを足す。
3.水菜にオリーブ油をかける。
4.かつお節1パックとちりめんじゃこ30gを入れる。
5.スライスチーズと焼きのり2枚をちぎって入れる。
6.ボウルのドレッシングを入れる


スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
  
  
  
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。